サツマビーグルのブログ村
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

リュウ号が100kg級大鹿ゲット!
ハクの仔犬がやって来た!
フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

8月 2019
6月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

3月 2014

狩猟犬サツマビーグルのアキちゃん訓練記 第5話

こんにちは。皆様お元気ですか。。。
アキは元気に訓練に励んでいます?。
アキは3月20日で生後7ヵ月となり、
体高:44cm、体重:13kgとなり足の長いすらっとした美しい乙女に変身しております(ご主人様はアキのことをおてんば娘といいますが・・・)
今年は3月に入っても全国的に大雪となり、四国徳島でも雪が積もり大変寒い日が続いていますが、これからは徐々に暖かくなり、桜の花もまもなく咲くことでしょう。アキは初めて見る桜がとても待ちどうしいです!。。。
 
平成25年度の狩猟期間も終わりましたが(徳島県はイノシシとシカは3月15日まで延長)、皆様の猟果はいかがでしたか?。ご主人様は今年で猟歴40年になりました。一貫して狩猟用ブーギー系アメリカンビーグルの系統保存を目的に、ノウサギ猟一筋に取り組んできましたが、遂に今年はノウサギの捕獲数がゼロに終わったようです。今から30年程前には一猟期に100匹余りも捕獲していたようですが、7年程前からイノシシが異常繁殖し、3年前からはシカも大繁殖し、どの山行ってもシカ・シカ・シカで農林業に甚大な被害が発生しており、大変な問題になっています。今猟期はこの様な環境の中で始まりましたが、お父さんのハク号は連日のように出猟しシカを狩り、農林業者等の方々から大変喜ばれた様です。また、県内外からも多くの共猟の申し込みがあり、皆様から一応にシカ猟におけるサツマビーグルの素晴らしさを認識して頂いた・・・と聞いています。ご主人様が良く言われる「シカの天敵サツマ」を実証できた猟期だったと思います。その結果、今猟期は単独猟(一人で猟をすること)でシカを21頭捕獲したようですが、猟果への貢献は猟犬の他、本年度導入したGPSマーカーの威力が絶大で、「もう本機なしでの狩猟は考えられない・・・・」とご主人様も言われています。アキも山でよく迷子になりますので嬉しいです(拍手)。
一方、ご主人様はノウサギが絶滅寸前になっていることに大変嘆いておられます。その原因は50年程前から植林されて来た杉や檜が、今日では間伐もされず放置され大きく暗い森となり、ノウサギの生息に必要な下草が生えなくなったことや、ノウサギの天敵として放されたキツネの増加やイノシシの異常繁殖等による仔ウサギの捕食等が主因と推測されますが、この問題は今後も改善できることは期待できず、当地におけるノウサギの絶滅は時間の問題となっているようです(全国的にもノウサキは激減しているようです)。
以上はアキがご主人様から教えてもらったことですが(全国的に・・・農山村は過疎化が進み荒廃した森林には手が付かず、更にはハンターの高齢化等による減少でシカやイノシシの異常繁殖に一層拍車がかかることが心配されています)・・・何かお先真っ暗と言う感じがしてアキは残念です(涙)。
 
さて話をかえましょう。。。アキは2月中旬頃からお母さん(エス号)に付いて山に行っていましたが、お母さんが発情し今は妊娠していますので、アメカンビーグルのアカさん(1.10才牡)とその直仔のドル君(0.9才牡)と3頭でほぼ毎日(午前中)山に行っていますが、シカを追っているのはアカさんだけで、アキとドル君は最初は追跡に加わりますが、直ぐに付いていけずご主人様の元に帰り、駆けっこをしたり、探検をしたり楽しく遊んでいました。しかし、最近ドル君がシカの追跡に加わり、まだ弱わよわしい追い鳴きですがお父さん(アカ号)に付いてシカを追うようになりました。その為アキは一人ぼっちとなり、暫くは退屈でした。しかしある日、今日こそ・・・と一大決心しアカさんとドル君に付いて行き、とうとうシカの寝屋を発見し、3頭で追跡を始めました。しかし、シカは猛スピードで崖を飛び降り杉山に走って行きましたが、アキはどうしても急な崖が怖くて降りれずその場で大声で泣きましたが、ご主人様もドル君達も迎えに来てくれず、約1時間あまり行ったり来たりしていました。するとアキのすぐ近くの裏山で「パン・パン」と言う銃声が鳴り、暫くしてドル君達の追い鳴きも止みました。アキも勇気を振り絞り崖を降りみんなが居る裏山に行くと大きな牡シカが倒れていました・・・。
 
上記したようなことを学習しながら、アキも段々と山になれてきましたので、ご主人様が初めてお父さん(ハク号)と共猟をさてくれました。しかし、結果は散々で、お父さんのスピードには全く付いていけず、500m程で逸れてしまい、後からお父さんの足臭を辿りながら(迷いながら)ゆっくりと付いて行くのがやっとでした。初めての時は約1時間も遅れ腹ペコ(山に入る時は朝飯抜き)の上で疲れ果てヘトヘトでご主人様の元に帰りました。ご主人様は、例によって「アキ偉いぞ!・・・」と頭を優しく撫でて褒めてもらえるので少しは疲れも楽になりますが・・・暫くして座り込んでしまいました(写真を見てね!・・・お父さん(左側)は牝シカを3時間程追跡し捕獲しました。。。)
 
さすがはアキのお父さん(ハク号)は凄い!!!・・・アキはシカでなくて良かった!・・・とつくづく思いました(笑)。何時かはアキもお父さんの様に「シカの天敵」と言われるような立派なサツマビーグルになりたいです・・・。よし!訓練頑張るゾッ!。取りあえずドル君に勝ちたいです!。。。 
 
今日は沢山お話をしましたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました。
また来月お会いしましょう。ではお元気で・・・    アキより
 
写真:2014.03.14撮影    シカ猟を終え休息中(左がお父さん:ハク号、右がアキ)