サツマビーグルのブログ村
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

リュウ号が100kg級大鹿ゲット!
ハクの仔犬がやって来た!
フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

8月 2019
6月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

2月 2015

当犬舎のビーグルが愛犬情報雑誌「Wan」に紹介される!

四国プリンス犬舎で系統保存しているアメリカンビーグルとサツマビーグルが、(株)緑書房発行の愛犬情報雑誌「Wan」3月号(2月14日発売)の特集『ビーグル・タイム』に紹介されました。本誌は、1犬種を総力特集するワンテーママガジンとして注目され愛読者も多い。
取材は、1月20日に編集者とプロカメラマンの2名が来舎された。取材は、私邸(犬舎撮影)インタビューと実際に山に犬を入れ本番さながらの狩猟の様子をプロカメラマンが撮影する・・・と言う内容であった。
当日は、時間の制約もありアメリカンビーグルは写真撮影のみ、代わりにサツマビーグルの「テツ号」が実際に猟野に放たれ、その仕事ぶりが撮影された。
この度の取材が、どの様な記事になるのか興味津々で発売日(2月14日)を待った。昨日ついに待望の雑誌を手にし、余にも素晴らしい記事と美しい写真にビックリ仰天!!!。
流石に愛犬雑誌の編集者とプロカメラマンだ!・・・想定外の出来に大変驚いている。
以下に雑誌の全体像と取材の様子を紹介しますが、是非とも実際に本誌を購入し見て頂きたい!。美しい猟野と狩猟の醍醐味の一端が実感出来るもとの確信しております。


●記事の内容

 (株)緑書房発行
  愛犬情報雑誌「Wan」3月号 特集『 ビーグル・タイム! 』 P51~P55 全カラー

   下記(記事のトップ)写真は、純血サツマビーグルのテツ号(牡1.3才)
   ※ 2月11日、テツ号との単独猟にて同取材場所で82kgの大牝イノシシを捕獲
  






































































































●取材の様子
  ・・・・・ 私邸での撮影並びにインタビュー・・・・・

<写真説明>

  左から小生、プロカメラマンの蜂巣文香さん、緑書房:編集者の萩野あやかさん。
  犬は、サツマビーグルの「ハク号」
  ※ ハク号は何時もと勝手が違い最初は戸惑っていたが、愛犬雑誌の担当者に宥めら
     れ、意気投合した。 流石に犬の扱いは大したものだ!

   
 



























<写真説明>

  左側・・・猟野での狩りの様子を撮影(撮影を終了しテツ号を労うお二人)
      
        犬は、サツマビーグルの「 テツ 号」
               左:プロカメラマンの蜂巣さん、右:編集者の萩野さん
  
 
  右側・・・写真撮影を終了し待機する萩野さんとアメリカンビーグルの「アイ号とチル号」