サツマビーグルのブログ村
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

リュウ号が100kg級大鹿ゲット!
ハクの仔犬がやって来た!
フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

8月 2019
6月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

6月 2015

サツマビーグルの初夏早朝訓練の生レポート 第1報 

6月に入り四国徳島も毎日ぐずついた天気で愛犬達は山に行けずにストレスがたまっているようだ。今日は久しぶりに曇り・時々晴れと言う天気予報。朝4時過ぎに起き、山に連れて行かない犬の管理(運動、犬舎清掃、給餌給水等)を済ませ、イザ出陣!!!。
本日のお供は、今や愛犬雑誌「Wan」・ビーグルタイム3月号ですっかり有名になったイケメンの若きサツマビーグルのテツ号と、5月末で子育てを終えたエリー号の2頭。
場所は隣町の神山町の元山地区。当地のシカの被害は著しく、人は柵の中、獣はやりたい放題だ!。。。まるで動物園の真逆の様相(涙)。これではもう山郷では生活できないはず・・・。ハンターは高齢化で減少に歯止めがかからずシカの有害駆除も思うようにはいかないらしい(地元猟友談)

さて、そうこうしている内に早くも本日の訓練場所に到着だ。2頭にGPSドックマーカーを装着し放犬。何時もの調子でトイレを済ませ、後ろ足で土を蹴り上げ、やる気満々だ!。猟期中以外は人通りの少ない林道をゆっくりと散歩がてら運動を兼ねて行っている。2頭は私の前方30~50メートルを高鼻を使いながら進んでいく。見ると2頭が同時に立ち止まり、鼻をピクピクさせている。これは出るぞ!!!・・・と思っていると、例によってテツ号が私の方を見て「オーン」と一声かけてきた。そこで大きな声で「ホイホイ!」と合図をしてやると、足早に杉山の奥に姿を消すや否や大きな声で追い鳴きに変わった。エリー号も妊娠・出産・保育と約5ヶ月のブランクがあったが元気に追い鳴きを行っているようだ!。GPS受信機を見ると私が居る反対側の杉山を追跡している。しばらくはお手並み拝見とする・・・。相変わらずテツ号の追い鳴きは素晴らしい。低く良く響く美しい鳴き声である。一方エリー号はギャンギャンと高く短く切る鳴き声である。スピードはエリー号に軍配が上がる。。。ジャンプとスピードは父親のハク号譲りで、シカも高い段や法面、あるいは谷等々を逃避するが、エリー号はなんの躊躇もなく追跡できる。15分程追跡し声が近くに聞こえるのでGPS受信機を見ると案の定、こちらに向かっている。しばらくするとエリー号、少し遅れてテツ号が大声で林道下をこちらに向かって上がって来る。アッ!シカだ!!!。。。何と雌5頭の群れである。大層疲れているのか私の存在を知るか否かお構いなしで、前方50mの林道を駆け上がりこちらに向かってくるではないか?・・・。流石に10m手前では私を発見し、林道を右側に進路を変え3m近くの高い法面を飛び上がって行くが1頭はジャンプに失敗し転げ落ち慌てているが登れない(笑)。早く逃げないとエリー号に追いつかれるぞ!と思いきや、何と登るのを諦め独り林道下に走って行った。これは面白いぞ!。エリーがどうするかだ!?。。。すぐさまエリー号が林道に上がって来た。林道を前後左右、早足で臭いを取っているが上手く繋げない。すると遅れていたテツ号も追いつく。さぁ・・・どちらが先に繋ぐか見ものだ!。右の法面は3mと高く、飛び上がったのでそこで臭いが途切れているはずである・・・。なかなか繋げないのもうなずけるが?。すると地鼻も得意なテツ号が林道下に逃げたシカの足臭を捉え大声で追跡するとエリー号も同調。その後15分程追跡し、またこちらに回って来た。そして林道を横切るのを確認・・・。本日は孫が来るのでここで待って2頭を回収。
エリー号はブランクも何のその心配をよそに高速追跡したことは素晴らしく頼もしい。猟期中であればここで射撃(捕獲)し終了となる・・・。来猟期も楽しみである。。。
早々に2頭を車に乗せ帰宅する。この分だと孫との約束の時間にも遅れず帰れそうだ!。この僅かな時間でも訓練(又は狩猟)に出かけれる・・・これが人犬一体の狩りが出来るサツマビーグルの真骨頂の猟芸である。
※ サツマビーグルでのGPSドックマーカーは犬探し用では無く、単独猟でのゲームの行方をチェックするのに使用している。GPSがあれば共猟者からの情報が無くても効率的かつ的確にゲームの捕獲が可能である(昨猟期で実証済み)。

以下、本日の訓練風景の様子を写真で紹介する。


写真1.訓練場所に向かう途中の林道。

もう少し登ったところで舗装が無くなる。
ここから犬を放犬しゆっくりと初夏の早朝の涼しさと小鳥の鳴き声を聞きながら進んでいく・・・。
実にすがすがしい気分である。。。









写真2.林道からの眺望

素晴らしい景色だ!!!

これはハンターの特権だ!。。。










写真3.良く手入れされた杉山

なんと美しい!!!

小鳥のさえずりに心が洗われる・・・。









写真4.シカの食害

折角、大事に育てられた杉も根っこの樹皮をはぎ取らられ台無しだ!

シカの食害はいたる処に見られ、シカの生息密度も高いようである。

しかし、ハンターの高齢化等によりシカの有害駆除も進んでいないのが現状である。



写真5.シカ臭を高鼻でキャッチ

放犬後5分足らずで早くも2頭がシカ臭をキャッチする(手前がエリー号、後方がテツ号)。

この後「ヨシヨシ!」の合図で2頭は杉山に消えていくも、30秒足らずでシカを起し(発見し)追い鳴きとなる。






写真6.シカを追跡中の2頭

起こしから約30分程でシカを林道で2度確認!。
シカは疲れいてるのが私にきずかず
前方10m付近まで直進してくる。それも5頭の群れである。
本日は孫がやってくるので後ひと回しで訓練は終了とする。。。エリー号とテツ号はもう少しやらしてくれと言わんばかりの顔で私を見るが「ヨシヨシ!」と頭を撫でてやり車に乗せ帰宅。



<特記>
テツとエリーは共に未訓練で昨年当犬舎にやって来た。その後2頭は毎日早朝訓練を一緒にした為か、本犬種では珍しくパックで狩ることが出来る。しかしこの組合せ以外ではパックにはならず単独で狩りをする。
尚、両犬が当犬舎に来るまでのエピソードは当HPの「サツマビーグルの写真集」を参照。


サツマビーグルのエリー号直仔の旅立ち オーナー様紹介


エリー号は初めてのお産で5頭の仔犬を見事に育て上げた。父親はハク号です。
生後60日が来て、新しいオーナー様の元に旅立って行った。この時ばかりは母親のエリー号も小生も時間をかけて一生懸命に大事に育てたので別れは辛い・・・(涙)
当犬舎は、動物愛護管理法を順守し、仔犬の引渡しは「直接対面」で行っている。このため幾ら遠くても来舎して頂きサツマビーグルに関する犬種情報や飼育管理等について詳しく説明しオーナー様に確認書に署名をして頂いた上で譲渡している。いささか厳密と思われるかもしれないが、仔犬が立派に成長し幸せな生涯を送れるようにするブリーダーとしての責務と考えている。
この度は、宮崎県延岡市の「トク号:牡」のオーナー様よりその後の便りが届きましたので紹介させて頂きます。オーナー様は延岡市で建設業を営むN氏で、お忙しい事業の傍らプロットハウンド等を6頭も飼育されイノシシ猟をされているハンターでもある。

同氏とは一昨年に小生のホームページ「狩猟系サツマビーグルの郷」を通じて知り合い、当犬舎のサツマビーグルの保存活動に興味を持たれ、是非協力したい旨の連絡を頂いたのがお付き合いの始まりである。今回の「トク号」は将来当犬舎の種牡として残していたが、氏より是非に・・・と懇願され、そこで色々とお話しを聞いた結果譲渡に気持ちが傾いた。それはこうである「貴方が何故この仔犬を大事に出来るのか?等々」・・・電話で長い時間お聞きし・・・(中略)・・・心底納得した。そして電話を切った直後に氏よりメールで下記の立派な犬舎写真が送られ「これは凄い!」と感動し、飼育を託すことを決意した。

引取りは、延岡市を午前2時30分に出発し約10時間を費やしはるばる四国徳島までおいで下さった。更に驚いたのは、奥様とお子様も同乗し当犬舎においで下さり恐縮した。ご家族は皆様大変な犬好きで「トク号」も素晴らしい新天地に旅立った。
N犬舎はオーナー様が事業活動で忙しいためにプロットハウンド等の猟犬は奥様が飼育管理していると聞き、「当犬舎も小生が会社勤めをしていたためアメリカンビーグルの系統繁殖は家内が全てやってくれていました・・・」と説明し共感を得た。

トク号もこの様な素晴らしいご家族と暮らすことになり本当に幸せ者だ!と安堵している。
今後は順調に成長し立派な獣猟犬として活躍することを四国の地より祈念している。
何時か宮崎県(延岡市)にトク号に会いに行きたい!と思っている。

<オーナー様からの提供写真>

オーナー様の素晴らしく衛生的な犬舎
※  小生も約40年余りアメリカンビーグルを飼育し、多くの犬舎を見学したが、この様な衛生的で素晴らしい立派な犬舎は見たことが無い。飼育管理も素晴らしく合併浄化槽も完備されている。





























トク号がプロットハウンド(輸入犬)マックス号の犬舎にお邪魔している微笑ましい写真。
※ トク号は大きな犬舎で放し飼いにされ、1日中全ての先輩犬の犬舎にお邪魔しているようです。徳島での思い出でも話をしているのか・・・またまたオーナー様や奥様・お子様、猟の事などを聞いているのか。。。N氏のプロットハウンドは本当に犬舎では大人しく仔犬にも優しい・・・これこそ本当の名猟犬と言える。トク号は本当に幸せ者です!。。。