サツマビーグルのブログ村
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

リュウ号が100kg級大鹿ゲット!
ハクの仔犬がやって来た!
フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

8月 2019
6月 2019
4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

12月 2016

純血サツマビーグルの狩猟 第3報

本年度も後8日を残すのみとなった。年をとると本当に一年が早い!(笑)。
今猟期は、獲物の捕獲は二の次で、訓練中のアサ号と共に、雨や所用がある場合を除き毎日山入りしている。それは、午後からの山入もある。
今年は、夏は猛暑、秋は連日の雨で、アサ号も山に引いてやれなかった。10月中旬に入りアサ号とエリー号を連れて山に入るもイノシシにやられ、ほぼ1ヵ月は養生に専念。
この様な訳からアサ号を本格的に山に引くのは11月末からである。何とか来年1月13日の1才の誕生日までには、単独でシカを起し、僅かでも追鳴きが出来るまでにしてやりたいとの一念からである。
イノシシにやられた時に膝蓋骨を脱臼し、犬舎でも毎日脱臼しそれが癖になり、後ろ足を伸ばし起用に脱臼を治していた。ネットで調べても手術をしないと治らないと言う事であったが、鹿児島の師匠に相談すると、70cmほどの短い鎖で土の上に繋ぎ日光浴をさせながら養生させ、餌に小魚を加え、朝夕1時間は散歩に連れだし、決して山には入れてはならないと言われ、約1ヶ月間それを実行した。そのせいか、当初散歩中に度々脱臼してたにも拘わらず、1ヵ月後半ともなれば全く脱臼はしなくなった。また小魚のせいか全体的に骨量も豊かに大きく逞しい体躯に変貌した。
アサ号は連日の山入りにより12月の中旬頃からは、猟欲も開花し捜索範囲も自然と広くなり、毎度シカを起し追い鳴きするまでに成長した。こうなれば、後は山入を多くするのみだ!。少々の雨の日も銃は持たずに連日山入り。身体も引き締まり、特に腰回りの筋肉は物凄く大きくなり、全体的に筋肉質で猟犬らしい体躯になった。惚れ惚れする美しいサツマビーグルに成長した。膝蓋骨の脱臼も嘘のように良くなり、今では膝蓋骨を逞しい筋肉の鎧で覆っているようで、どんな形状の山野でも脱臼することは全くなくなった。以前X脚の犬を山入で治したことはあったが膝蓋骨脱臼は初めての経験である。今日までの経験から、1才頃までなら毎日山入させ、足腰を鍛錬することにより、X脚も膝蓋骨脱臼も手術なしで治せる・・・と言うノウハウを習得した。

現在は、写真のように、高鼻でシカ臭をキャッチすると、凄いスピードで寝屋に接近し、起こしとなり約2時間余り太い大きな声で追跡する。しかし、単独猟ではこの長追いは必要でなく獲物は獲れない。この時期は若さに任せガンガン追って行く・・・。高みの見物だ!。その内、主人を中心にしたサツマビーグル特有の狩り口が見られる様になる。どの犬も一度は通る関門である。完成犬になると追跡で主人から遠ざかると狩れないことを良く知っており、主人の位置確認のため何度も帰って来る。そして主人が「イケ!イケ!」と指示してやると再び捜索に入り、ベテラン犬になるとシカの先回りをして、主人の方向に追って来る・・・実に賢い狩りをする。これがサツマビーグル本来の持ち味だ!。即ち、単独猟には非常に適した犬種と言えるが、反面、若い頃の様な長追いが無くなるのでグループ猟には向かない。このことを理解せずに、サツマビーグルは追跡が下手くそとか使いにくいと言われ次第に飼育されなくなったことが、今日の絶滅危機の一因になっていると考える。
耳が長く外見は他のハウンドと変わらないために追跡も上手で帰りが良い・・・等と勝手に思い込み、訓練も先導犬まかせにしておけば自然と猟を覚える・・・等々と単純に考えているグルーブ猟専門のハンターも多いのではないか。この様な考えではサツマビーグルを飼育する資格は無い。また、この様な人は本犬の猟芸にがっかりし、その悪い吹聴を流したことから、今日サツマビーグルを絶滅に追いやった第二の要因と考えている。

話はそれたが、猟犬の目的は『捕獲』であり、「捜索範囲が広い」とか「追跡時間が長い」等々はあくまでも手段であり、それが捕獲に繋がらなくては何もならない。
狩猟のスタイルも「単独猟」を好む人、或は「グループ猟」好む人それぞれである。
サツマビーグルで大物をやる場合、単犬単独猟をする人には最適で最高の猟犬と言える。即ち、主人に足が無ければ本犬は駄犬に終わるだろう!。何よりも見極めが大事だ。

アサ号は、今日も約2時間ほど追跡したが獲物はなし・・・である。暫くは獲れない日が続くと思われるが、アサ号の成長を見守りながら、毎日山入りするのが実に楽しみだ!。
目標の1才の誕生日までに、捜索から起し追跡までの一連の猟犬としての仕事は出来るようになり安堵している。グループ猟では完成犬と言えるだろうが、今は自分の意のままに長時間追跡しているが、これが主人中心の狩に成長しなければ単独猟では使えない。しかし、これも時間が解決してくれるだろう!。即ち、サツマビーグルの特性(潜在能力)が表れるまであと少しの時間が必要だ。こうして先輩犬は単独猟の完成犬となっている。

今後は、サツマビーグルの特性でもある「帰り良し」を最大限利用し、未知の山野でアサ号の実力を更に向上させ、来年は種牡としてデビューさせたい!。直仔には素晴らしい体躯のサツマビーグルの出現が期待される。四国プリンス犬舎作出の4代目だ!!!。。。
本年度のブログは本記事で終了としたい。1年間お付き合い頂きありがとうございました。
どうか良いお年をお迎えください。また来年にお会いしましょう!!!。。。

< 写真説明 >
●上段・・・高鼻で獲物の漂臭をキャッチしている様子。
  ※ 連日の山入りで、以前の細身で足の長いイケメンと違い、筋肉質でガッチリとした体
      躯に変貌。
●中段・・・頭が動かなくなる・・・そして猛スピードで寝屋に向かっていく様子。
●下段・・・太く大きな声で追跡している様子。



























































































純血サツマビーグルの狩猟 第2話

今は、狩猟期間中ではあるが鉄砲を持たずにアサ号を連れて山に入る。
それには、下記の事情があった・・・。

実は、アサ号はエリー号と共に猟期前に山に入り、子ずれの母イノシシに尻尾の付根を噛まれ、傷と心が癒える1ヵ月余りを経て本日の山入となった。当日の話は次の通りだ。
朝8時に入山。この山は1年ほど通っていないので、山の様子見も兼ねて来た。アサとエリーを放犬後、例によって林道をゆっくりと登って行く。暫くするとエリーがギャンギャン鳴きだしアサも同調する。5分も経たぬうちにギャーギャーと言う声。何時もの様にタヌキを咥えたのかと急行すると、何と子イノシシを咥えている。しかし、アサが居ない。GPSで確認すると何かを追っている。そして10分ほど経ってこちらに向かってきた。その時である。アサが大きな声で悲鳴を上げた。しまった!・・・母イノシシにやられたか・・・と思いきや、アサが私とエリーの居るところに逃げ帰って来た。するとその後を大きなイノシシが追って来て私の前で急ブレーキ。それはやられてはいけないと大声で「コラッ!」と一括したことによる。すると何を思ったのかエリーの元に走り寄り、子イノシシを咥えている右後腿をガブリと噛んで振り回した。そしてイノシシはぐったりしている子イノシシを腹の下に隠し、こちらを威嚇して離れない。どうやら母イノシシの様だ!。急ぎアサとエリーを繋ぐが、母イノシシと我々の距離は僅か10m程。子イノシシが歩けないのでこちらを睨みつけている。その間約5分余り。母親の我が子への深い愛情に感動する。ここはそっとこの場を離れてやることにした。それにしてもイノシシの親子の情には恐れ入った。
母イノシシに気を配り、静かに下山する。ここなら大丈夫とエリーとアサの身体をチェックする。アサは尻尾の付根を噛まれ出血し、右後足を持ち上げているが外傷はない。どうやら膝蓋骨を脱臼している様なので入れてやる・・・すると足は元通りに治った。エリーは右後腿を噛まれ出血しているが軽症の様である。家に帰り、治療してやるが何れも軽傷であった。後は、アサの精神状態(イノシシへの恐怖心)が心配である。

今までの経験から、初めてイノシシにやられた時は、その恐怖心が癒えるまで約1ヶ月間は山に引かぬことである。そして今日がその1ヵ月に当たる。アサの山入が気になる。
朝8時に今まで何度も訓練に来ている山に到着。イノシシの恐怖心が少しでも残っていれば初めての山だと更に恐怖心を招く恐れがあるため、何時もの慣れた山を選んだ。放犬し、林道を何時もの様にゆっくりとアサ任せに進んで行く。しかし、今日は1ヵ月も山に入れてないのに元気(暴走気味)に走り回ることもなく、ゆっくりと高鼻で臭いを嗅ぎながら進んでいる。何かすっかり大人になった気がする・・・。暫くするとしきりに鼻を高く上げ臭いを取っている。法面を上がろうとするが崖で上がれない。少し前進し登り口を探しアサを呼ぶ。しかし、アサはしきりに臭いを取り呼んでも来ない。仕方なく引き綱に繋ぎ崖を登って、臭いを取っていた法面の上に誘導する。今度は離せとばかり綱を強く引く。イノシシでないことを祈り放犬する。GPSで確認すると尾根に向かっている。するとウォンウォンとアサの声が聞こえ無くなったと思いきや尾根を越え反対側の山に追って行く。しかし、5分で追い鳴きは止まった。暫く静寂が続く・・・。すると今度はこちらに向かって鳴いてくる様だ。アサもなかなかやるな!・・・なんて思っていると、前方から見事な三又角の大きな牡シカが私の前を掛け降りて行った・・・。しまった!。今日は鉄砲を置いて来た!。後の祭りだ。アサは大きな声でウォンウォンと追って来たが・・・ショック!!!。。。
アサはその後20分程追って帰って来た。「ヨシ!ヨシ! よくやった!」と思い切り頭を撫でて褒めてやった。山では決して褒めないが、訓練犬の顔を見て納得しているようだと思い切り褒めてやる。何時も褒めてやると慣れっこになり犬も感動がなくなって来るので、訓練犬が帰って来た顔を見て、誇らしげに帰って来た時は褒めてやっている。褒める見極めが名犬への近道である。これは言葉では表現できない・・・。オーナーも経験が必要であることは言うまでもない。次回こそは、アサに初獲物を捕獲し思う存分噛ましてやりたい・・・。

<追記>
何時もの様に昼前に帰ると、家内から滋賀県のKさんからクマとイノシシの肉が届いている・・・と連絡を聞く。早速包みを開けてみると何と綺麗にスライスした肉で、実に美味しそうである。沢山送って頂いたので、家内と早速200g単位に小分けして保存した。
早速、一回分の200gをすき焼きにして家内と食したが、何と美味しい肉なのか・・・クマとは言わなければ誰も分からず「美味しい!美味しい!」と食べるだろう・・・。次回は日曜日に子供達を呼びみんなで美味しく頂くことにする。
コハク号の初物であるので父親のハク号と母親のアキ号には一足先に夕食に添えてやったことは言うまでもない。
Kさんありがとうございました。今猟期のコハク号の更なる飛躍を祈念しています。

★写真① 高鼻を使って獲物臭をキャッチしているアサ号







































★写真② 滋賀県K氏より送られて来たクマのスライス肉
コハク号のオーナー様より、先月捕獲した同犬の初猟果が送られて来た。

・獲物は、100kg級のクマとイノシシ。

※ 詳細は、「純血サツマビーグルの狩猟 第1報」を参照

※ クマ肉は、初めて見たが、非常に綺麗な肉にビックリ!。油も乗りも良く美味しそうだ。K氏のアドバイス通りすき焼きで食べることにした。美味である(笑)