純血サツマビーグルのオーナー通信 第10報
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②
ハク号とナナ号の仔犬!
ハク号130kgの巨大ニホンジカ捕獲!

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

純血サツマビーグルのオーナー通信 第10報

本日は、日本国内で現存する唯一の純血小型サツマビーグルのチコ号のオーナー様高知県H氏より、今猟期初めての便りが届きましたので紹介します。

チコ号の発見ニュース並びに系統等については「当犬舎の活動報告(トピックス)」に記載し公開しているので、興味がある方はご覧頂きたい。当時のアクセス数は1日で1000件を超える反響があった。
体高は38cm、体重は14kgとアメリカンビーグルとほぼ同じサイズである。強いて違うところ上げれば、耳が長く大きい、尻癖が良い、従順で温和、猟野での帰りが良い等である。

10月18日に鹿児島より空輸で当犬舎に到着。数日後一緒に来た犬達と一緒に「分譲犬の紹介」に『非売犬』と記載し本犬を紹介した。しかし、全国の老ハンターから『もう年で余り歩けないので帰りの良いサツマビーグルでのんびりとウサギ猟をしたいので是非に譲渡してほしい・・・』と言う電話やメールが後を絶たず、1週間ぐらいは睡眠不足になったことを覚えている。

さて、前置きはこの位にして高知県のオーナー様F氏を紹介する。氏宅には既にシローの直娘「ハナ号」が行っている。犬の系統や飼育にはかなりの見識と拘りを持っておられ、一度志しを持つととことん突き進む土佐高知の「いごっそう」男子である。奥様も何度も来舎され、非常に上品で大人しい方であるが、心はシッカリとした土佐高知の「はちきん」女子と見受けられる。ご夫婦は教職の仕事に付かれていましたが現在は定年退職されている。

チコ号は、当犬舎で約3週間飼育したが、物静かで大人しく、尻癖は完璧で清潔感を好み、毎朝夕の散歩が大好きな女の子であった。チコが送犬されるに当たり、鹿児島から送って来た写真から色々な事を想定していたが、写真よりずっと素晴らしい体躯と非常に小さいのに驚いた。これがサツマビーグルの小型なのか・・・と心が躍った。是非ともこの犬を後世に残してやりたいと決意。また、前オーナーは約50年間ウサギ猟一筋でやってこられ82才で現役を引退した老ハンターでもある。氏が最後まで残して飼っていたのがチコ号である。早くチコ号の猟芸が見たいと考え、1日も早くチコ号に小生を信頼してもらうように大事に飼育し、約10日程で散歩でも尻尾をピンと伸ばして歩く様になったので主人として認めてくれたと判断した。そして翌日単犬で昔良く通ったノウサギ猟場に連れて行き放犬した。老ハンターが自分に合わせて仕込んだせいか、小生の前方20m程をゆっくりと前進し、絶えず後ろを見て主人が付いて来ているか確認をする。そして「ホイホイ」と声を掛けてやるとまた少しずつ前進して行く。この間、当犬舎の犬の様に高鼻を使うのではなく、地面すれすれに鼻を付けで臭いを取って進んでいる。やはりノウサギ猟犬はこの様な落ち着いた捜索をしないと起しには繋がらない。シカやイノシシは現地ではいなかったので知らないと言っていたが・・・。約1時間程山入れしたが全くウサギの反応はなかった。翌日も違う場所に入れてみたが臭いは全くなかった。その夜鹿児島の師匠にチコ号の猟芸に付いて聞くと、捜索は小生が話した内容と同じだが、臭いが濃くなると動きが一変し前鳴きから起しへと進展し、約60分程追跡すれば一旦は主人の元に帰って来る・・・と説明を受けた。仕事をしないのでは?と疑った小生の見分を恥じた次第である(笑)。

その後も山に入れるが反応なし。しかし、ある日遂にシカを発見し少し追い鳴きしたのを見て、このままだとシカ猟犬になってしまうと難儀していた。そこにタイミングよくオーナー様から電話があり、事情を話すと『是非私に飼わせて下さい!、高知にはまだノウサギは居ます・・・」と執拗に懇願されたが、当犬舎の貴重な台牝なので譲渡は出来ない旨をお伝えした。しかし、その後も度々電話やメールを貰う。流石にオーナー様は土佐高知のいごっそう。一旦こうと決めたことは絶対に諦めないのである(笑)。幕末維新の立役者で英雄の「坂本龍馬」を彷彿させる土佐弁で熱く語られると、小生も遂に情熱に屈し譲渡を快諾した次第である。可愛い奥様を手に入れたのも小生と同様と推察するが?・・・(笑)

オーナー様は、奥様とご一緒に11月8日にチコ号を迎えに来られた。その後3週間ほどチコ号とのコミュニケーションを図り、12月1日に初めて山入りした様だ。
放犬後暫くしてノウサギに着臭し、前鳴きの後すぐに起して追い鳴きとなり、約30余りの追跡で今年初のノウサギをゲット。
当日の猟芸については聞いてないが、チコ号も大変だったと思う。ご主人も変わり、薩摩弁から土佐弁に、しかも猟場の条件は鹿児島と高知では全く異なる。この様な環境下で初めて猟場に行き、ノウサキをご主人様の元に追跡し、会心のショットで初猟果に導いたことは心より「おめでとう!ご苦労さん!」と褒めてやりたい。

今猟期のオーナー様の安全とチコ号の活躍とを心より祈念しています。


写真① 12月1日の初猟で見事にノウサギをゲットし、喜ぶチコ号とオーナー様
写真撮影は奥様です。チコ号が噛み噛みするのでピントが合わずに大変!・・・。





































写真② 当犬舎に来た翌日のチコ号
物静かで大人しく見えますが、警戒心全開で小生を疑っている様です(笑)
写真では身体はガッチリして大きく見えますが、他のサツマビーグルと比べるとかなり小さい。良く鍛えられた筋肉質の素晴らしい身体をしている。








































純血サツマビーグルのオーナー通信 第10報 に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment