2018オーナー通信 第1報
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②
ハク号とナナ号の仔犬!
ハク号130kgの巨大ニホンジカ捕獲!

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

2018オーナー通信 第1報


本日は、広島県のオーナー様T氏より愛犬リョウマ号の便りが届きましたので紹介します。

リョウマ号の血統構成は、父:シロー号×母:エリー号(ハク号直仔)であり、当犬舎の作出計画に基づいた系統繁殖犬である。
外観は、若牡犬とは思えない堂々とした風貌をしており、頭部は良く発達し、耳は低く位置し大きく垂れた絞り耳、体毛は短毛で密生、配色は白地に黒の丸班が実に美しい。特に肩から胸部にかけてはよく発達し、追跡犬としての心肺能力の高さが伺える。また、全体的に10対8と理想的なバランスを有しており、保存活動を開始して約3年でやっと念願の理想的な四国プリンス系サツマビーグルが誕生した。
本犬は、自家用に残していたがオーナー様のサツマビーグルの保存に関する真摯な協力に感銘し飼育を託した。

リョウマ号は、1.6才の若犬になっている。オーナー様は大変お忙しい方で、中々山に引けないと言っておられたので、その後の成長が気掛かりであった。しかし、その心配も他所に、今回嬉しい便りとなって届いた。
本犬は、年明け頃から猟欲が発現し、その後辛抱強く出来る限り山に引いたようである。その甲斐あって、今猟期中に5頭のシカを単犬で捕獲したと・・・大変喜んでおられた。

4月頃から有害駆除も始まると思うので、猟芸にも益々磨きが掛かるだろう!!!
また、今後は秀逸な純血サツマビーグルの種牡としても大いに期待している。


写真説明・・・(写真は携帯で撮影したので画像が鮮明でありませんとのこと)
〇写真:左=シカ猟中のリョウマ号(高鼻で獣臭をキャッチしている様子)
〇写真:右=牝シカを捕獲し噛み噛みしているリョウマ号






















2018オーナー通信 第1報に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment