ダイ号の里帰り
日本狩猟犬「サツマビーグル」の郷 - 四国プリンス犬舎は絶滅寸前の狩猟犬“純血”サツマビーグルの保存・普及に取り組んでいます
RSS フォローする ファンになる

最新記事

フクちゃんの訓練記(完)
フク号が遂に猟欲発現!
ハク号とナナ号の仔犬!②
ハク号とナナ号の仔犬!
ハク号130kgの巨大ニホンジカ捕獲!

カテゴリー

4段角
GPSドックマーカー
イノシシ猟
ウサギ猟
かかし
カラス駆除
クマ猟
クマ猟犬
クレー射撃
けもの道
サツマビーグル
サツマビーグルの仔犬
サツマビーグルの繁殖
シカ猟
シカ猟犬
スポットクーラー
タヌキ
ノウサギ猟
ノウサギ猟犬
ハーレー
パンダ
ハンター
ビーグル
ブリーダー
仔犬の子育て
全日本狩猟倶楽部
写真
分布
四国プリンス犬舎
基礎訓練
大日本猟友会
子育て
完成犬
尾原浩子
山郷
思いやり
愛犬雑誌 Wan
愛犬雑誌「Wan」
日本農業新聞
有害鳥獣駆除
標的射撃講習会
犬空輸
犬輸送箱
狩猟
狩猟/ブログ村
狩猟犬
狩猟系ビーグルの館
猛暑
猟犬
猟犬訓練
空気銃
系統保存
自然の驚異
薩摩
薩摩ビーグル
訓練
趣味
里山

アーカイブ

4月 2019
3月 2019
2月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
1月 2016
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
6月 2013

検索エンジンの供給元:

サツマビーグルのブログ村

ダイ号の里帰り

昨日、遠く京都からダイ号がオーナー様K氏夫妻と一緒に、里帰りしてくれましたので紹介します。

ダイ号は、父親が大型美犬のアサ号、母親がバセットタイプの美しいマレ号で、当犬舎の系統繁殖4代目の若牡犬である。当犬舎のドン号とは同腹犬の兄弟で、生後8ヵ月になる。

13時前に当犬舎に到着。すぐさま迎えに行く・・・。どの様な若犬に成長しているか?。
実は、当初犬舎に残す犬をダイ号かドン号でとても悩んだ!。双方素晴らしい体躯をしていたからだ・・・。最終的には、ドン号がサツマビーグルでは非常に珍しいトライカラーの毛色であったことからドン号を残した。

ダイ号の評価は以下の通りである。
現在、体高:58cm、体重:30kg。全体的に骨太でガッチリとし均整の取れた堂々たる大型の素晴らしく美しい若犬である。まだ8ヵ月であり今後の成長が期待される。
大きな頭骨、長く垂れた絞り耳、がっしりとした胴体、太く長い四肢、太くビンと立った尻尾、短毛で光沢のある滑らかな被毛、美しい斑紋・・・等々、これぞ純血サツマビーグルと言う素晴らしい体躯の持ち主である。恐らく、現在、日本国内で飼育されている79頭中でも屈指と言える。






































正に、アサ号とマレ号の良いとこどりで誕生したダイ号である。オーナー様に譲渡を申し出るが即刻却下された・・・(笑)。
四国プリンス犬舎の系統繁殖4代目の自信作である。
性格も非常にフレンドリーでサツマビーグル特有の警戒心はない。両親もドン号も警戒心は殆どなく、系統繁殖の目的が達成されていると考える。



以下、ダイ号の来社写真を紹介する。

大きなワゴンからダイ号が下りた!。。。凄い!!!、何と大きく美しい若犬になっているではないか。。。当犬舎のドン号より遥かに大きい!!!。






































ダイ号のオーナー様は、みての通り美男美女てある。大変犬好きの若い夫婦の下で愛情豊かに育てられていることが良く分かる。ダイ号は本当に幸せ者である。







































ダイ号が8ヵ月ぶりに両親と対面である。
写真右側は、手前がダイ号、奥が父親のアサ号である。父親の大型犬のアサ号より一回り大きく見える。
写真左側は、左がダイ号で、右が母親のマレ号である。マレ号は自分の子供であることを知っているような素振り・・・。母親のマレ号が子犬に見えてしまう大きさ・・・。




















写真右側は、兄弟のドン号とご対面!!!。ドン号の3倍はあろうか?。兄弟でなく親子といったところか・・・(笑)
写真左側は、犬舎の先輩犬に挨拶・・・。みんな警戒心もなく歓迎している・・・大変珍しい光景である。



















ダイ号は、現在シカ猟犬として訓練中である。
絶滅が危惧されている本犬にとっての救世主と成りえる秀逸犬であり、将来の種牡候補と言える。これからも順調に成長してほしいと切望する。


ダイ号の里帰りに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment